生まれ変わった

2016-06-27

唐突ですがマクロレンズが欲しくなりました。
いままでレンズ先端にクローズアップレンズを付けてマクロ撮影をしていましたが、それだと色々と問題があったのでこりゃダメだと…

そこでGレンズ60mmマクロの価格を調べたら、高過ぎて論外( ;´Д`)

となると、価格的にこなれた55mmって事になるんですが、Dfで使う時にはマニュアルで撮ることも多いので、あまりAFである必要がないかなぁと考えると、選択肢は55mmf2.8s一択に…

ちょっと待たんかい( ̄Д ̄)ノ

Ai micro-nikkor 55mm f2.8sなら持ってるだろうと。

確か2009年後半に購入し、元からヘリコ硬めではあったんですが、距離環がとてもじゃないけど回せないくらいの硬さになってたので2010年初めに分解するも改善せず、結局は放置してた経歴のレンズがあるんですよ。

そこで件の55-28sを引っ張り出してきて、ニコンのHPで修理代金を見積もりしてみました。

距離環動作不良の場合、技術料+部品代で8800+消費税。
うちの場合はカメラの登録とかをしていたので、ニコンイメージングのプレミア会員で1割引(ネット申込みのみ)されて¥7920+消費税が見積価格でした。

まぁ当然買うより安いし、修理に出したら同一ヶ所不具合に対して3ヶ月くらいは保証が付いてくるだろうってのと、何気にニコンで修理サービスを受けた事が無かったのもあって、修理依頼をしてみました。

流れとしてはこんな感じ
1.webで申込み
2.2日後以降の都合のいい時間に集荷
3.ニコンで修理品確認&修理完了予定の案内が来る
4.修理完了&発送の案内
5.商品到着(修理代着払い)

修理費用が高くなる場合には続行かキャンセルかの問い合わせがあるんだと思いますが、今回は大きなパーツ交換が無かったためか、費用は技術料+消費税だけで、発送から到着まで1週間でした。

修理内容の方はというと
・ヘリコイド油入れ替えと調整
・遮光環不具合のため交換
・無限合致不具合のため調整
・レンズ内清掃

同一ヶ所不具合の保証は6ヶ月も付いてました。

外観は変わってませんが、中は綺麗し動作もスムーズで修理に出して良かったです。

いままで放ったらかしにしてた分、これからガンガン使って行こうと思います(^_^)