RAW現像とK-1を1ヶ月使ってみての感想

2017-02-17

PENTAX K-1を購入してから1ヶ月が経ちました。そんなわけで1ヶ月の使用感を書いてみようかなぁと思います。(無駄に長文です)

元々のカメラ遍歴のスタートはPENTAX Z-1に始まり、K200Dから他社に流れた感じなのでPENTAX好きではあるけど、PENTAX信者とまでは言えない立ち位置だと自分では思っています。
実際にK-3は全くと言っていいほど満足感を得られず、ロクに使用せずに下取りに出しちゃったくらいですしね…(´・ω・`)

そんな中途半端な立ち位置なので、最初はK-1を買うつもりはありませんでした。
だってPENTAXでしょ? K-3で満足できなかったのにフルサイズになったからってそんなに変わらないでしょ?って思ってました。 体験トークショーでデモ機を触るまでは(´・ω・`)

実重量を感じさせない持ちやすいグリップ、見やすいファインダー、ストレスを感じない操作性に何故か迷わないAFw
そんなファーストコンタクトを経て、初めてカメラを予約して買うという結果になりましたw

繰り返しになりますが、とても見やすいファインダーに予想外に安定した精度のAF、5軸の手ぶれ補正、そしてキレのあるシャッターに少ないミラーショック。
K-3の時には24Mピクセルのセンサーなんて過剰すぎるじゃんって思ってたんですが、フルサイズの36Mピクセルって丁度いいのかもしれない。

以前、NikonのDfの時にも「写真を撮るのが楽しいカメラ」ってのは感じたんですが、それはあくまでも「撮るのが楽しい」であって、「撮りに行きたくなる」ではなかったんですよね。
この出不精のクソ重い腰を持ち上げるだけのファクターにはならなかった。
あくまでも「外出する用事」が先にあって、撮影もできるしカメラを持っていこうってスタンスでした。

でもK-1はこの「撮りに行きたくなる」カメラなんです。
Dfは原則マニュアル操作みたいなもんなので自分が主体に立てるわけですが、K-1は自分が主体に立ったうえで、カメラがちゃんとサポートしてくれる。
スマートファンクションにアウトドアモニター、従来からあるけどグリーンボタンも合わせると、他のカメラではもう駄目かもしれない…
そこまでの感じにさせてくれるカメラなんですよね。

FFで秒間4.4コマの連続撮影数ですが、バッファが大きいのかISO感度上げても12コマくらいは撮れるのでコマが足りないなんて感じないし。
撮影距離を稼ぎたかったらクロップモードを使用してAPS-Cモードで撮影もできるし、本当に色々なことを楽しみながら撮れるいいカメラだと思います。
直ぐに新機種が出ちゃうデジタル時代に末永く使ってもらえるようにファームウェア更新を定期的に行っていくってスタンスも好感がもてますね。
そんなのやってる所ってもうオリンパスくらいしかなかったですしね(´・ω・`)

もしどうにも切羽詰まってカメラを手放すことになったとしても、Dfは手放してもK-1は残すと思います。
それほど自分の中の何かを変えてくれたカメラだと思います。

とまぁ褒めるだけなのもアレなので、よろしくない点も挙げておきます。

・ファーム1.10ですが、撮影枚数を1コマから連射に切り替えても1枚しか撮影されないことがある
当然ながらシャッターボタン押しっぱなしですが、何故か1枚しか撮れない。
連射モードはH,M,L関係なし。一度電源を切ったり、モードをAVやらTAVやら切り替えてるうちに撮れるようになったりするので、
単純に動作が不安定なのかもしれない。

・AFポイントが少ない
というか、エリアが狭いのかなぁ…
まぁピンポイント選択しやすいんだけど、もう少しエリアが広くてポイントが多かったらなぁとは思いますね。

・画像消去時に長時間拘束される時がある
時々画像消去した時に削除中のまま10秒ぐらい戻って来ない時があります。
今後のファームウェアで解消されるのかもしれないけどね。

・ライブビュー撮影がちょっとなぁ
やりにくいのもあるけど、何処にピントが合ってるんだかわからない(´・ω・`)
てかシャッターボタン押すまでは液晶でピントあってるように見えるのに、保存されたらボケまくりとかね…
ここは自分の操作的なものとかが間違えてる可能性もあるのでマニュアル見直しながら試してみるしかないけど、なんかやりにくいデス。

・スマホ用アプリのImageSyncが使いにくい&転送が遅い
NikonやCanonのアプリも使ったことがあるので、ぶっちゃけ使い勝手そのものは他社アプリと大差ないと思う。
ただ、画像の転送速度が凄く遅い!
これはサイズを縮小しないで転送しているからっぽいんですよね。
実際にiPhoneに転送した画像のサイズを調べたら4800*3200だったので、そりゃ遅くても仕方ないわなぁ(´・ω・`)
スマホから送る先なんて99%はSNSだろうし、NikonのWMUみたいに画像を縮小リサイズして送るような機能があれば
転送速度も速くなるんじゃないかとは思うんですけどね。

最後にタイトルのもう一つの項目にも被るんですが…
・付属のRAW現像ソフトDigital Camera Utility 5が使いにくい。

元がSILKYPIXらしいので仕方ないのかもしれないけど、使いにくいというか、どのボタンがどの機能なんだか分かりにくい(´・ω・`)
EXシャープネスも選択できないし、カスタムイメージの細かい数値の変更も出来ない(もしかしたら出来るのかもしれないけど)ので、
明瞭コントロールも変えれないしで片手落ち感が半端ない。

なので、結局カメラ内RAW現像でほぼほぼ処理を終わらせて、DCU5でリサイズしてるって感じになってます。


昨日の写真をカスタムイメージを鮮やかにして各色を強調、露出補正+0.5かけてFシャープネス+4くらいにしてみました。 なんとなく壁紙にするために2000x1335pxなんて珍しく大きめサイズのjpegにしてます。

とまぁ相変わらずの支離滅裂な感じになってますが、とりあえずK-1はキャノンとニコンしかなかったフルサイズ一眼レフの新たな選択肢として普通にお勧めできる製品になってると思います。

てかM42などのオールドレンズですら手ぶれ補正が効いて遊べることを考えたらCNよりもオススメなんですけどね。