RAW現像その後

前回RAW現像の事を書いてから2ヶ月近く過ぎましたが、カメラ本体もそうだけど、使ってるうちに慣れてきますね…

現状ではPDCU5とLightroomの比率は8:2くらい。

自分の場合、変にこだわって修正する必要が無ければPDCU5でカスタムイメージを選び直すかと露出補正を弄るかどうか位なんですよね。
撮影する時点で明瞭度やらはちゃんとしてたら問題は無いかなぁと。

Lightroom CCの最新版ではK-1のカラープロファイルやD FA28-105mmなどのレンズプロファイルが追加されました。
まぁこれを機会にAdobe CCにしようかとも思ったんですが、イラストなんかやってた若気の至りの頃ならPSも使えるしそれでも良かったんだけど、PS使う頻度を考えたらやっぱり乗り換える気に慣れず(´・ω・`)

結局、Lightroomは5.7のまま。
ただ、CCのレンズプロファイルやカラープロファイルを引っ張ってくれば・・・


ご覧の通り、レンズも新しく追加されたカラープロファイルも5.7で何の問題もなく使えちゃうので、それで凌いでます。

とはいえ、E-M5IIのRAWがLightroom5.7では読み込めなくて、ccか6にしないと読み込めないんですよね・・・
何か重いし使い難いOLYMPUS Viewer 3を使わなくちゃいけないのがなぁ…(;´Д`)