数に勝る物はなし

2017-11-04


年明けに今宮戎に行った時と2月初旬に三宮界隈を散策した時の写真を現像してきました。

今宮戎のは夜だったり混雑してたのもあって手ブレが酷い(´・ω・`)
三宮のはVCメーターIIを付けてのテストだったけど、どうもパッとしない。
恐らくはNDフィルターつけててごちゃごちゃしてたからだろうなぁとは思うんだけど。

最近は土曜は仕事の手伝いなんかで出ちゃってて、日曜しか休めない事が多いんですよね…
その日曜は疲れ切ってて昼過ぎまで寝てて出掛けない事が多いのでカメラも持ち出さずじまい。

仕方なく家でからシャッターを切る事が多いです(;´Д`)

で、ライカM4のシャッターをチャージして切るたびにやっぱいいなぁ…とか思ってますw
マニュアル式フィルムカメラの特権ですね。

そんなコレクターみたいになってる現状ですが、現像された写真を見てちょっと思い直すところがありました。
やはり「経験に勝るものなし」だと。

最近のデジカメやスマホのカメラなんかでいい感じに撮れたと思っても、それはほぼカメラのお陰なんですよね。
そりゃ構図とかは自分の感性だけど、最低限必要な事はカメラがやってくれてるんですよ。

そう思ったらなんかバルナック型が欲しいとか言ってた自分がバカみたいに思えてきました。

先ずはこのライカM4を使いこなしてナンボじゃないかと。
ファインダーを覗いて自分が思ってた物と出来上がった物がニアでもイコールでもない満足のいかないものが多い現状ではいけないなぁと。

というわけで、ちょっと気持ちを入れ直してライカM4と向き合おうかと思います。
ファインダーの世界と完成物とのギャップが少しでも無くなるよう、一緒に経験を積んでいけるよう頑張ります。