X100F試写その2とインプレッション

2017-07-16

というわけで実写レビューの続きです。

今回はフィルムシミュレーションのACROSで写した写真。

古い街並みや路地なんかを写すのにいいですね。

普通のモノクロとはちょっと違って確かにフィルムのACROSみたいな感じが出てます。


絞りはちょっと絞め気味の方が良さそうだけど、明るめでも十分かなぁ
しかし、このACROSのためだけでも十分に使う価値アリですね。

さて、実際にマニュアルもロクに読まずに試してみて感じた事を書いてみます。
もしかしたら設定変更などで可能な事もあるかもしれませんが、その個所は気付いていないだけです(;´Д`)

・カスタマイズが結構楽
良く使う項目だけを登録できるマイメニューってのが作成できるんですが、これが便利。
NDフィルターとかRAW-jpeg切り替えとか色々と登録できます。
まぁファンクションボタンに必要な機能を割り当てすればメニュー登録も必要なさそうではあるんですが…

・露出補正が必須?
K-1だとカメラ任せで撮れるような場面でも、X100Fだと背面液晶で見た限りだと暗くなりすぎる事が良くありました。
いちいち露出補正ダイヤルを回すのが面倒だったので、露出補正ダイヤルをCに設定してフロントダイヤルで露出補正を掛けて対応してます。
ま、そんなに手間でもないので全然いいんですけどね。

・Wi-Fiはバカっ速
専用アプリをDLしてカメラとスマホを接続、アプリに画像を転送するってのは他のカメラと同じなんですが
とにかく転送が速い! K-1のWi-Fi転送と比べると100倍くらい速いです。マジで。
これは本当にサクサク送れるので有り難いです。

・ファインダーには慣れが必要
OVF+ピント確認のERFを使ってるんですが、シャッターを半押しした段階でファインダー内でズレが発生するんですよね。
ある一定距離を超えるとこの現象は出ないので、恐らくは視差でそうなるからシャッター半押し時に補正が掛かるのかと思うんですが、じゃぁどこでピントを合わせりゃいいねん?って話になるんですよね・・・
富士フイルムサービスステーションの使い方相談でも勉強の為に行ってみようかなぁ。

・デジタルテレコンが便利なんだけど不便。
RAW撮影だとデジタルテレコンが使えないんですよ(´・ω・`)
ま、色がいいのでRAWで撮る必要がないと言えばないんだけど、後でフィルムシミュレーションを変えたいとかいう場合には
RAWで撮ってる方がいい場面もあるわけですよ。でもRAWだとデジタルテレコンが使えないこのジレンマ。
ファームアップデートで改善される事を期待したいところですね。

あと、手ぶれ補正がないので、被写体側のブレや自分の撮影時のブレがダイレクトに反映されます。
自分の腕はともかく、ちょっとした風で揺れる花とかはK-1に比べるとかなりシビアな感じがしました。

・顔認識使うとうるさい
AF関連の設定の組み合わせなのか、顔認証機能なのかわかりませんが、じーじーじーじー凄くうるさくなります。
なんかね、恐ろしくバッテリーを食ってるような気がするレベルで。
お試し程度でOFFにしたので顔認識がどの程度なのかわかりませんが、ポートレートを撮る場合なんかはバッテリーの予備を用意してる方がいいかも知れません。

・シャッター音がちょっと…
レンズシャッター式だと思うので音が小さいのは分かるんですが、機械的な音は一切しません(多分)
というか、外で試した限りではHI-MATIC Eのような「チッ」という小さな音すら聞こえないので切れてるかどうかわかりません。
一応3種類のシャッター音が用意されていますが、正直どれも微妙なんですよね・・・

・フォーカスレバー
フォーカスポイントをすばやく移動できるので、かなり便利です。
ただ、このスティック付きタイプは初めてなので、ついついOKボタンの上下左右にあるボタンの方を押してしまう癖がついてて、思うように使いこなせていませんw
ま、慣れればこれがないと不便に感じるんじゃないでしょうか。

他に本体機能とは全く関係ない所ですが

・サムレストはない方がいいかも知れない
サムレストがなくてもリヤダイヤルが結構回しにくかったです。これにサムレストが付いたら、自分は恐らくちゃんと回せないと思う。
なので素のままでグリップする事に慣れる方がいいと思います。

・ソフトレリーズボタンはあると便利かもしれない
グリップがしっかりしてるわけではないので、レリーズボタンを押すと若干手ぶれをしそうな感じがします。
なのでソフトレリーズボタンは付けてる方が良さそうな気がします。

・付属のストラップがちょっと短い
首掛けするとみぞおちのちょっとしたあたりにカメラが来るくらいの長さです。
フィルムのレンジファインダーでも普段はたすき掛けしてるので、正直短い。
革のそこそこいいのを買おうと思ったら6千円くらいはするので悩み所ですね~
暫くはこのまま耐えていずれ買い替えるようにするか、幅が広くなるけど手持ちのストラップに変えるかですね。

・RAW現像に難あり
カメラ内RAW現像は物凄く楽です。ええもう何も見なくても出来ます。
が、自分の所のPC環境はいまだにLightroom5.7なのでX100FのRAW現像が出来ません。
K-1はRAWファイルの記録形式をPEFから標準的なDNGに変更する事でLightroomで現像できたんですが、富士フイルムはオリジナル形式のみなんですよね・・・
ま、カメラ本体で現像すれば、Web用にリサイズするだけなので問題ないと言えば問題ないんですけどね。

色々と思った点は書きましたが、35/50/70mmにマクロも使えるので、レンズ3本ついてると思えば街中じゃ十分なカバー率だと思います。
5mくらい離れた野良猫を取るにはちょっと足りませんけど。

コンデジじゃ面白くないけどレンズ交換式まではなぁ・・・って人にはX100Fは丁度いいカメラなんじゃないかと思いますね。

とまぁファーストインプレッションはこんな感じで。