広角寄り

ローライコードが欲しいとかローライ35が欲しいとかX-Pro2が欲しいとか色々と書き殴ってますが、やっぱりレンズの方が先なんじゃないかなぁと冷静な判断に戻りつつあります。

今気になってるレンズと言えばFA Limitedの残り2本、特にsmc PENTAX-FA 31mmF1.8AL Limitedの方。

FA77mmLimitedの方は自分の使用用途で考えるとちょっと違うかなぁと。

D FAスターの85mmや広角、50mmも発売予定には入ってるけど、どうもデジタル向けのレンズって解像度主体が前面に出されてて解放からカリカリみたいな。
もうカリカリカリカリってリスかネズミか?って言いたくなるぐらい解像度ばっかりでどうも違うんですよね。
「あなたの目で見た風景はそんなにカリカリな風景なんですか?」って思っちゃうんですよ。
新しいレンズが出るにはいいんだけど、そこら辺の落としどころはしっかりしてほしいかな。

話がそれたけど、FA31が気になる理由としては何気に広角寄りで撮ってる事が多いのと、最短距離が30cmなので食べ物とか撮るのにも向いてるかなぁと思った次第です。
K-1で食べ物とか撮ってんじゃねーよって言われそうだけどw

ライカM4+NOKTON35mmを使い始めた頃はどうもしっくりこなかったけど、その後はX100Fの追加など、焦点距離35mmに慣れて来たって事なのかもしれません。
その35mmでももう一声って事が多い。さらにFA43の最短距離45cmじゃちょっと遠くて、もう少し寄りたいと思う事が多々あるので、そういったのをひっくるめてFA31は筆頭に上がってくるんですよね。

ただ、難点もあって価格がぜんぜん優しくない(;´Д`)
そりゃ現行のデジタルレンズ群に比べたら全然安いとは思うんですが、11万はほいほい出せる額じゃないんですよね(´・ω・`)

そこで出てくる代替案がsmc PENTAX-FA 35mmF2AL

FA31と同じ最短距離で似たような焦点距離、更には実売で4万以下という低価格もあってFA31を買うまでの繋ぎとして選ばれることの多いレンズです。
とはいえ、低価格な繋ぎレンズではなく、隠れスターレンズと言われるほどの写りをするので地味に人気のようです。

中古と新品の価格差は8千円くらいだけど、中古だとメーカーには何のメリットも無いので買うなら新品を買って、細々とでもお布施をしていかないとね・・・

梅雨入りもしたし、秋口くらいにFA35mmの方でも買ってみようかなとか思ってるんだけど、何気に値段が落ちてるHD DA40mm Limitedを買い直そうかとも思ったりして(;´Д`)
う~む・・・