ライカM用ラバーアイピース

2017-11-04

ふとライカのマグニファイヤーが欲しくなりました。
1.25倍の方ですがユーエヌのUNX-8553が意外と安かったのでいいかなぁと思ったんですよね。

1.4倍を付けると、ファインダー倍率が0.91倍くらいになるので両眼で見ても違和感がないらしいんですが、そこまでいくとブライトフレームが見えなさそうだし。
そんなわけで自分的には1.25倍の方が使い勝手がいいかなぁと。

他のサードパーティー製のもよく見てみると、接眼部がゴムじゃなかったり見た目がイマイチだったりするんですよね。

やっぱライカ純正の方がシンプルでスマート。

しかも脱落防止用にワイヤーも付けれるスグレモノ。

ただ、なんといってもライカ、こんな小さなマグニファイヤーでもお値段は一級品です。
新品の実売価格で4万円くらい(´・ω・`) 中古で1.5万~3万の間ってところでしょうか。

くっそ高いと思うんだけど、よくよく考えたらダイビングのカメラ用ハウジングにつける1.2倍ビューファインダーが7万くらいするので、それに比べたら全然安いわな(;´Д`)

でも冷静に考えたら、今のところはピント合わせにも困ってないし、中古カメラ市とかで見かけたら考える程度にしておこうかな。

というわけで、マグニファイヤーは諦めて代わりにこれを買いました。

マップカメラのラバーアイピース&脱落防止のアイピース押さえ

表面と裏面

元のアイピース自体をゴムですっぽりと覆ってしまう形です。

取り付け方法はシンプルで、押さえを標準のアイピースにねじ込んで上から本体を押し込めば完了。

今まではこんな感じ。

自分で加工したゴム板をアイピースに貼り付けてたけど、カメラバッグ内で剥がれたりズレたりしてたので不便だったんですよね。

それがこんな感じになりました。

ちょっと上端が本体からはみ出してるけど、まぁアリかな。


これで眼鏡を押し付けても傷つかなくなったので、今まで以上にガシガシ使えるようになりますね(^-^)