M型ライカ タッチ&トライ

ライカストア京都店で行われたM型ライカのタッチ&トライに行ってきました。
参加者2名とかなりゆったりな感じで行われたので、じっくりと触る事が出来ました。

今回は主にM10を主体にして、少しだけMモノクロームを試してきました。

とりあえず、自分のズミクロンを持ち込んで、M10で問題ないかを確認。
距離計も無限も問題なく普通に使えました。
これでM10を買ってもズミクロンは十分に使えそうです。

で、「折角なので試してみますか?」と言われて出されたのがNOCTILUX-M F0.95/50mm ASPH
流石にこんな時でもないと試せないので付けさせてもらいました。

ファインダーだけではピントが分かりにくいのでビゾフレックスもセット

これだけで250万ですぜ・・・(´・ω・`)

試し撮り

中央のガラスの角から少し右辺りにピントを置いてみたんですが、前後のボケ具合が半端ないですね。
しっかりしてるのに綺麗なボケで、肉眼で見てるのと変わらない感じですね。
6~7m先の物に焦点を合わせてますが、これがもう少し近い位置の被写体とかならばもっと際立ってくるでしょうね。

その後、24mmのレンズを考えているという話をしていたのもあって、SUMMILUX-M 24 mm f/1.4 ASPHも試させてもらいました。
やっぱエルマーのf3.8に比べたらズミルックスのf1.4の方がボケも狙えていいなぁとは思うんですが、エルマーと90mmアポズミクロンを買ってもお釣りが来る値段ですからね(;´Д`)

画角的には広すぎず狭すぎずで、街中や建物を撮るには丁度いいかもしれません。
あと、ファインダー倍率が上がって見やすくなったM10ですが、ピント合わせしにくいシーンやレンズによってはビゾフレックスがあると格段に撮影しやすくなるなと感じました。

次にMモノクロームですが、飛びそうで飛ばない明暗の粘りとかは凄くて、わざわざモノクロ専用機を出すだけの事はあるなと。
ただ、M10と比べてメニュー画面の操作などは直感的には出来ませんでした。

画像の削除とか対象画像選択後にどうしたらいいのかとかね。

2台買うような財源もないし、M10をモノクロにしたものでも十分だと思えるので、やはりM10でしょうね。
宝くじに当たったりとかすればMモノクロームもいっちゃうかもしれませんけど・・・

って、そうなったらノクティルックス買うか(^-^;