モノクロ暗室教室(5回目)

5回目は一枚の写真を仕上げるという事で、自分の中でイメージしている物を焼き上げるという工程でした。

まず、どの一枚を選ぶか、そしてどう仕上げるかをイメージしていきます。
今は覚えてるからあれだけど、忘れた時の為に流れを書いておきます。

1.段階露光を取って、何号の何秒で焼くかを決定
2.とりあえずストレートで焼いてみる。
3.何処をどう覆って焼き込むかを紙にイメージを書く。
4.段階の写真やイメージなどをもとに覆う時間や焼き込む時間を考える。
5.GFS表を作って、覆う時間や焼き込む時間を算出。
6.引き伸ばし機で作業開始
7.現像して結果から作業内容を修正→焼き直し

という感じ。

で、選んだ一枚をストレートに焼いてみた写真がこちら

人物を覆い焼きして、周辺を焼き込んだものがこちら

思っていた以上に周辺が暗すぎますね。 なので、焼き込むのは2/3くらいの時間で良さそうです。
人物をもう気持ち明るくしたいかなぁって感じもあります。

周辺を前の物から2/3焼き込んで、人物を明るめに・・・

するはずだったんですが、人物を覆い過ぎて違和感のある写真になりました(´・ω・`)

そして最後にやいたものが自分でも納得できるものだったので、作業終了。

次回はいよいよ最終回、スポッティングと額装です。