さんざん悩んで色々と決めた

気が付いたらもう1か月前のことになるんですね(;´Д`)


この記事で書いてた事を色々と考えてたんですが、一応の着地点は見つけられました。

まず、印画紙はバライタにする事にしました。
この先、個展に参加するような機会があるのかは分かりませんが、いっそやるならいい方でやろうかなと。
それに、趣味の物だし、妥協して後からってパターンはもうどうしようもないくらいくり返してますしね(´・ω・`)
とりあえず、今月末くらいには一度はレンタル暗室に行けるようなスケジュールを立てないといけないかなぁ

もう一つのライカM10の件。

散々悩みに悩んでたレンズですけど、35mmで行くことは決めました。
でも、ズミルックスにするかズミクロンにするかでさんざん悩んでたんですよね。
そらズミクロンとズミルックスだともう一本レンズに手が届きそうな差額ですし。

ただ、悩んだところで答えなんて出ないんですよね・・・
そこで、昨日ライカうめだでズミルックスとズミクロンで撮り比べをさせてもらいました。

「店内で光が回ってる状態なので、なかなか比較も難しいんですけどね」という事だったんですが、実際に撮ってみると、コントラストの差とかよくわからん(´・ω・`)

それぞれ開放とF5.6、ズミルックスは比較用にF2でも撮影してみたんですが、本体液晶で見る限りはボケ具合が違うなぁっていうくらいしか分かりませんでした。

そこで、店頭のMacBookの画面で見させてもらうと、違いは一目瞭然。
よく言われる事なんですが、ズミクロンの方が線がカッチリとしてる感じ。
いかにも現代的というか、エッジの立った被写体を撮ると本領を発揮しそうなイメージですね。

対してズミルックスの方は線は出てるけど、そこまでカッチリではなくて、芯はあるけど柔らかくてアナログ的な感じでしょうか。

ズミクロンでも十分に活躍してくれるとは思うんですが、自分のように中庸な写真が好きだったりするタイプの人にはズミルックスの方が使いやすいんじゃないかなぁと。

この辺は好みの物なので、実際にどちらが優れてるって事でもないですしね。

目標は決まったので、7月末の写真展に間に合うように作業をして、それが終ったらライカM10ですね。

うん、もう直ぐだ・・・時間ないよね・・・(;;;´Д`)