七工匠 7artisansの50mm F1.1を試してみた

2018-08-14

ようやく休みが少し落ち着いてきたので、M10を持ち歩くようになりました。
昨日はなにわ淀川花火大会の日。どうせ混み混みでみに行くつもりもなかったんですが、梅田をウロウロしていたら花火が終盤の頃だったので、グランフロントからみてました。

とは言っても、スカイビルが遮っちゃって綺麗には見えなかったんですけどね。
一応、毎年の事なのでM10で撮影してみました。

Summilux35mm f1.4 ASPH(ISO200、f11、2sec)
柵において簡易三脚代りにしてみましたが、他の人の動きもあるので完全には止まりませんでした(´・ω・`)

今日は夕方から用事があったので、梅田を少しだけウロウロ。

Summilux35mm f1.4 ASPH(f1.4)

流石に日曜の夕方なので、人は少なくなってましたね。

用事の時間まで多少の時間があったので、涼みがてらカメラ屋さんでレンズを見てました。

毎日暑いねぇなんて世間話で始まり、七工匠 7artisansの50mm F1.1を試してみる事に(^_^)

絞り開放f1.1

写真中央のショウケースのフレームを狙ってみましたが、意外な事にボケが綺麗に出てます。
結構クセ玉らしいって聞いてたので、ボケがもっと汚いのかと思ってたけど、そんな事もなさそう。

もう少し遠くに合わせてみる。

最短付近で使うとボケが暴れるのかもしれないけど、自分が普段使っているような距離だと全然問題無さそう。

しかも値段はノクティルックスと比べると1/20以下で重さもかなり軽量。
唯一気になるのは絞りリングにクリックが無いので、覗きながら1段絞りたいとかって思ってもよく分からないことでしょうかね。
ま、先にセットしてから使えって話でしょうけど( ;´Д`)

しかし、値段を考えたら全然アリな気がしますね・・・
年末のボーナスが多かったら考えようかな(^_^;