ライカM10-Pを触ってきた

今日は梅田に出る用事があったので、ライカストア梅田に行ってライカM10-Pを触ってきました。

シャッター音は本当に静かでした。
聞き比べてみるとM10の音でも十分に静かだと思っていたんですが、M10-Pの音は次元が違う。

街中や繁華街ならM10のシャッター音でも全然問題ないけど、もっと静かな場所にいくと高音域があるのでシャッター音が響きます。
でもM10-Pはシャッター音に高音部分が一切無いのでほぼ無音に近いです。
コトンというシャッターを切った感覚が伝わってくるのみで、かなり静かな場所でも気を使わずにシャッターが切れそうです。

因みにM10よりも20gくらい重くなってるという話ですが、パッと持った感じは誤差範囲にしか感じませんでした。

見た目に関しては、やっぱりマイナスモールドの違和感が気になって仕方がないのでM10の方を選ぶかなぁ・・・
マイナスモールドじゃなくてツライチの何もない状態だったらM10-Pとで悩むでしょうけど。

今後出るM型がこのシャッターを使っていくのであれば、どんな場所でも使えるのでこの先買い換えることがあったとしても安心なんですけどね〜