iCloudの容量をアップしてみた

気が付いたらiCloudの容量が標準の5GBでは足りなくなって、iPadのバックアップが取れてない状態になってました(´・ω・`)

バックアップする物を最低限に絞って騙し騙し使う事も考えたんですが、月額¥130で増量した方がいいんじゃないかなぁって気がして、容量アップをしてみました。

iOS12の場合、【設定】の自分のアカウントをタップ

【iCloud】をタップ
  
  
【ストレージの管理】をタップ

  
  
【ストレージプランを変更】をタップ

  
  
標準の5GBにチェックが入っているので、50GBをタップして右上の購入するをタップ

  
  
無事に50GBに変更できました。

かなりの空き容量が確保できましたねー

これで削りまくったバックアップを通常に戻しても大丈夫ですね。
必然的にiCloud Driveの容量も増えた事になるので、今まで以上に使い勝手が良くなりそうです。

容量が増えたので、ついでに【iCloud写真】を有効にしてみました。
以前はiCloud写真をONにするとiCloudの容量を使っちゃうし、別にフォトストリームでいいじゃんって感じだったんですけど、iPhoneとiPadの2台体制になってから同じアカウントで使用しているんですが、フォトストリームが2台分のデータを引っ張ってくれなかったりするのもあって、ちょっと使い勝手が悪くなってたんですよね(´・ω・`)

2台とも設定を変更してみたところ、2台で同じ写真が同期されるようになり、PCでもiCloudコンパネからフォトライブラリを有効にすると、ちゃんと全ての写真が同期されるようになりました。

何が便利って写真の削除とかをするとリアルタイムで全てのデバイスから消えてくれるので、写真の管理はすごく楽になりますね。
フォトストリームの時はPCにバックアップを取っても端末側は手動で削除だったので、地味に手間が多かったんですよね~

ペットボトル1本以下で結構利便性が上がったのでアップグレードはアリだったかな(^-^)