長岡天神撮影会&DFA50mmF1.4

11月24日の土曜日に八百富写真機店さん主催の京都大山崎撮影会に行ってきました。
当初は大山崎での撮影会の予定だったのが台風被害の影響で、復旧の為に足場が組まれていて撮影には不向きという事で、長岡天満宮で行う事になりました。

今回の撮影会ではリコーイメージングさんの協力で参加者全員がHD PENTAX-D FA★50mm F1.4 SDM AWを装着して撮影するという内容。

色々と予定外の事があって、買えるとしても来年の夏以降じゃないと無理なので、試せるだけでも参加した意味があるってもんです。

撮影中は同行していた写真家の佐々木啓太先生が撮ったものを見せて下さったり、他の人の撮影ポイントなんかを見たりしながら撮っていました。
普段、どちらかというと露出補正マイナス側が多かったので、今回の撮影会では本当に勉強になりました。

とりあえず、9枚目以外は全て絞りF2で撮影しています。
一部原寸大のjpgデータをリンクしてありますので、興味のある方はどうぞ。


原寸大(18.1MB)


これだけF1.4で撮影(原寸大(14.2MB)

撮影会の最後には講評会があったんですが、5枚の写真を選んでプリントしてもらって講評という事で、自分で写真を5枚選ぶわけです。
が、講評会自体が初めてだし、どういう基準で選ぶのかがイマイチ分からなくて、なんとなく雰囲気的なので選んでみたけど・・・(´・ω・`)
自分の中でどうかなぁって思いながら選んだのは案の定微妙な感じでしたね。
ま、「人に見せる」とかあんまり考えずに撮ってるので、当然と言えば当然な結果なんでしょうけど、SNSで人に見せるとかやるならば、今後はそういったことも頭の片隅に置いて撮る方がいいのかなとは思いました。
ま、楽しんで撮るのが一番大切なんでしょうけどね。
  
  
肝心のDFA★50mm F1.4についてですが、叩き出してくる画はとても素晴らしい。
AFも速いし、40cmまで寄れるしで、性能的には文句のつけようがないです。

ただ、最初の写真の通り、デカいんですよ。
K-1に装着したままだと、普段使いしているカメラバッグには確実に収納できないだろうなって大きさ。
かといって大きなバッグだと重くなるし、微妙なところですね・・・
とは言え、K-1でぶらぶらする時に使うレンズとしては最適なとてもいいレンズだと思います。
当初の予定だと年末にはオーダー出来るはずだったのになぁ・・・本当に薄給な人間から血税をまた搾り取るんだからまともな使い方をしてもらいたいですわ。

どうでもいい話ですが、最近はライカM10ばかり使ってたのもあるんだろうけど、久しぶりに使ったK-1はめちゃ重かったデス(´・ω・`)