GR3が欲しいって書いといて何だけど

サブカメラとして買うならGR3が一番いいっていうか、鉄板だろうなとは思うんです。
実用的にもだし、夜間のスナップや人物撮りなんかも全然使えるのは分かってます。
ただ、他にもちょっと気になってるやつがあるのはあるんですよね。

それがライカX2とライカX(typ113)

両方ともAPS-Cセンサーを採用したモデルで、ライカX2は7年前、typ113も5年前のモデルです。
元々気にはなってたけど、金額とかで踏み切れなかったんですよね。

プレミアムコンデジがやたらと高価になっちゃったので、M10買ってから感覚がマヒしたのか、全然イケるじゃんって感じで気になる度合いが急上昇してきたんですよね。

国内機だと6年も前だとスペックとかで古臭さを感じるんだけど、ライカはスペックよりも撮る事に割り振ってるからか、古くてもそんなに気にならないんですよね。

そんなtyp113はズミルックス23mm f1.7を搭載していて、ライカQが小さくなったようなスタイル。
ボディサイズはそんなに小さくないかな。
最短撮影距離は20cmですが、距離によって自動的に絞りが調整されるので、最短ではf2.8が最小になるそうです。
1m以内の近接撮影だと実際にはf1.7では撮れないらしいので、自分のように近接メインで使おうと思ってる場合だと、レンズはf2相当と思ってる方がいいのかもしれませんね。

X2の方は結構人気の高かった機種のようで、最短撮影距離30cm、EVFにオリンパスのVF-2が使えて、本体だけだと結構コンパクト。
もうちょっと寄れたらいいのにって書かれてる事が多いけど、食べ物撮ったりするなら30cmまで寄れれば十分な距離だとは思うんですよね。

なので、どっちの機種にしてもテーブルフォトをメインで使うなら十分なハズ。
なんだけど、あんまりそんな使い方をしてる人がいないようで、調べてみたけどイマイチ良く分からないんですよね・・・

X2かその後継で外観だけ変わったX-Eだと玉が多くて状態のいい物も探しやすそうだし、価格と携帯性を考えたらtyp113よりもX2の方かなぁ

梅田のナニワとかにあるようなので、一回触りに行ってみようかな。

しかし、物欲枯れないなぁ・・・(´・ω・`)