LUMIX S1を買ったわけ

元々S1は気にはなってたけど、セミナーに参加して実際に使ったのが大きいと思います。

その後にSONYのα7RIIIも触ってみたけど、α7RIIIと比べてS1の方が良かった点としてはこんな感じ。

・576万画素のEVFは見易くて長時間見ていてもあまり目が疲れない。
 (α7RIIIは120fpsにすれば違和感は少ないけど、やっぱりちょっと違和感がある)

・瞳AFの精度とか動物認識、AF-Cの食い付きとかもめっちゃ良かったですし。
 (α7RIIIは動物認識にしても人の瞳にピントが行ったりとか不安定感があった)

・ボディが大きいってのがあるけど、熱暴走しにくいだろうし、グリップが大きいので片手でも操作しやすい。
 (αシリーズはシャッターボタンの位置が微妙に違うので、片手だとシャッターが押しにくい)

逆にαの方が良かった点としてはレンズの選択肢の多さとマウントアダプターの多さ。
とりあえず撒き餌レンズなんかだと初期投資を減らせるってのもあるし、MマウントのAFマウントアダプターもあるしね。
大容量バッテリーのお陰で1日撮影しても大丈夫かなって安心感もあるかな。
あとはシェアが大きいので、中古とかが潤沢に回りそうってのもあります。

どちらも共通の項目としてはK-1に比べたらAFも連写も速い事。

決定的にS1の方が良かったのはUIかな。
αは技術畑の人が作ったような感じで項目が多すぎて凄く煩雑なんですよね。
UIを簡素化しようとするメーカーの機種を使ってたりすると凄く分かりにくいw

まぁキャッシュバックもあって、α7RIIIでもいいかなって妥協しそうになったわけですが、30万オーバーは妥協で買うレベルじゃないなと思ったんですよね。

そしたらS1のレンズキットがα7RIIIと撒き餌レンズくらいの金額であったもんだから、大いに悩む事になりました。
流石に現行のミラーレスの中で一番欲しいなと思ってる機種が一番のネックだった価格面が納得ラインに落ちてきたら悩まない理由がありません。

ただ、買うとしたらK-1改やレンズ類を売るしかない。
思い入れとかもあってK-1は残しておきたいって気持ちも大きかったんですよね・・・

でも、K-1II以降、レンズ追加を除いたらファームウェアの更新も実質止まってますし、新しい技術を使いたいならマウントを変えるしかないとも思ってたのも事実。
それに、もしK-1を後で使いたいってなった時に買うとしたも、今の下取り価格と変わらないか下の可能性も大いにあるのを考えたら、まだ買取価格がつくうちに思い切った方がいいかなって気持ちに切り替えて買う事を決断したわけです。

平日は仕事なのでまだ撮影とかはいけてませんが、後悔はしてません。
いずれ買えればいいなと思ってたのがちょっと(結構かもしれないけど)前倒しになっただけだし。
そうそう参加できないでしょうけど、モデルさんの撮影会とかに行っても大きな力になりますし、動物にしても十分にAFロックしてくれるのは体験してますから、K-1を売ってしまったという後悔よりも、これからいろいろと活用しようという前向きな気持ちに切り替わってます。

それに長い目で見たら、ライカもパナの技術を貰って瞳AFとか積んで来た時にライカSLに乗り換えたとしてもレンズの互換性はあるから本体を買うだけで済みますしね。
・・・って本体はまた90万コースだろうからそうそう買えないだろうけど(;´Д`)

暫くは24-105mmのレンズ1本で行かなきゃいけないけど、ハーフマクロとしても使えるから当面は大丈夫でしょう。
新たにレンズが買えるような来年以降になったらシグマからもレンズが出て選択肢は多くなるでしょうしね。
シグマから持ち運びしやすいサイズの100-400とかでてくれたら嬉しいんだけどなー

折角なので動物園でも行ってAFを楽しんでみようかな(^-^)