LUMIX S1とライカMレンズで遊ぶ

土曜日は月一の病院だったので福島へ。
折角Mマウントアダプターを買った事だし、LUMIX S1にSUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHを付けて持って行ってました。

いつもは薬局に寄ってから梅田方面へ行っていたんですが、ずっと工事していた所がオープンしてるって事なのでちょっと寄ってみました。

駅の南西側にできた「ふくまる通り」

対面は高架下の飲み屋が何軒も並んでるので夜は結構賑やかそうですね。

お昼からでもオープンしてるお店もあるので、ランチには丁度いいかもしれません。

EVFでピーキングとかは使えるので基本的な使い方は問題無しですが、実際にどれくらいオーバー・アンダーなのかは画面に反映されないので、頭の中である程度補完しないとダメですね。

ただ、ちょっとぐらいオーバーとかでも、この写真のようにカメラ内RAW現像でなんとかなるので気にしなくてもいいかも。

当然ながらM型ライカとは違って自動補正が効かないので周辺減光は当然出ますけど、当たり前なのでそんなの気にしない。

ズミルックスは写って当然なのでズマール 5cm F2で試し撮り。
全て開放F2で撮影。


決して悪いわけじゃないんだけど、最近ずっと最短70cmのを使ってたおかげで、最短撮影距離1mってのがなかなか厳しかったです。
あと、feet-m変換が脳内で必要だったりして、直感的な撮影には向いてないかなぁ

ここから下はエルマー135mm F4で撮影。


これだけF6.3でトリミングしてます。
グリップと手振れ補正があるのでM10では使いにくいエルマー135mmもなかなか使い易かったです。

途中で書いたように若干アンダーとか露出オーバーとか、構図がちょっとなぁってのはLightroomでRAW現像して調整してます。
カメラ内現像でもいいんだけど、枚数が多いとちょっと面倒臭いんですよね・・・
あんまりRAW現像で弄りたくないってのは変わらずあるんですが、いじるのが最低限の前提として定着してるようなので、過度な調整でなければやって行くのもありかなぁと思いました。

因みに、Photoshopの方はCSになる前の6とかの世代までしか使ったことがなかったので、CCになってパネルとかどこに何があるのかさっぱり分かりませんでした(´・ω・`)
また追々勉強して行こう。