ライカM10のホットシューカバーを変えた

ツイッターでは書いたんですが、ライカM10-P用のホットシューカバーを買いました。

ライカストアで言えば普通に買えました。

左側が元々ライカM10に付いていたもので、右側が今回買った物です。

元々の物はプラスチックなやつで、後端の方がちょっとだけRが付いて広がってます。
M10-P用のものは真鍮(真偽は不明)らしく結構重いです。こっちは後ろまで一直線。

裏面を見れば一目瞭然

M10-P用にはストッパーらしき突起がついてます

これが元々のプラ製ホットシューカバー

プラ製なので、そのうちテカりとか出てくるんじゃないかなぁと思ったり。

M10-P用の物。

ブラッククローム仕上げなので、本体との違和感はありません。

ま、ホットシューをカバーするだけだから、別にM10のプラスチックなホットシューカバーでも問題は無いんだけど、なんか取り外したりする度に安っぽさを感じてたんですよね・・・

でも、このM10-P用のカバーなら適度な重さもあるし、プラ製よりもボディとの一体感もあるしとてもいい感じ・・・というか、何でM10からこれにしなかったのか(´・ω・`)

因みにお値段はライカのわりにリーズナブルで¥3,300(税込み)

「たかだかホットシューカバーに¥3,000かよ!」って声もありそうですが、それはプラ製のホットシューカバーと比べての話だし、定価だけで考えたら他社のメタル製ホットシューカバーの方が高かったりするんですよね。
他社のは実売が安かったりするので実感ないかもしれませんが、ライカは売価=ほぼ定価なので仕方がないしね。

とても些細な事ではあるんですが、個人的にM10で唯一ちょっとなぁって思ってた部分だったので、変えてとても満足してます(^-^)