ライカ モデル撮影会

日曜日にライカストア主催の撮影会があったので行って来ました。
一応、撮影会の主体としてはライカSL2とのレンズのトライアルという事だったんですが、参加者自身の機材でも撮影OKだったので、ライカM10とアポ・ズミクロン-M 50mm F2 ASPHで撮影してました。
流石に速写性を優先して、ビゾフレックス(Typ020)を使いました。
基本的にM10とアポズミで撮ったものは全て絞り開放F2~2.4くらいまでです。

モデルは水無月いとさんとちゃんめいさんのお二人

いとさん

ド逆光だとアポズミのカリッとした部分が軽減されてなかなかいい感じになりますね。


ただ、逆光だとピント合わせがままならないというか、ピーキングも何もわかんねーよな感じになってたので、程々にしないとダメだなって思いました。

最初は遠慮がちに少し離れて撮ってたんですが、途中からは前に出て撮るようにしてました。

これは最短の70cmで撮ってました。


基本的にストリートやスナップばっかりで人物撮影って言ってもこんな感じでまじまじとやった事がなかったからすっかり忘れてましたが、やっぱアポズミ50mmはすげーです。
倍サイズの長辺2560pxの画像をアップしておきますので、よろしければご覧下さい。

ここで小物が投入されたんですが、ライカだけにゾフォートでした。

ちゃんめいさん

データを見返してたらいとさんばっか撮ってたわけですが(;´Д`A
正直、M型ライカでモデル撮影会とかちょっと厳しいんじゃなかろうかなんて思ってましたが、ビゾフレックスを使えばそんなにピント合わせも時間は掛からないし、全然アリですね。
モデルさんの撮影会というか、人を撮るのは凄く楽しいんだけど、今回は特に楽しかった。

一応ライカSL2でも撮りました。使用したのはライカの24-90mm。
SL2はめっちゃいいカメラなんだけど、やっぱりレンズが大きいのでなかなかヘビーです。

手ぶれ補正も付いてるけど、モデルさんの動きとか考えないで撮ってると、やっぱりブレてました(´・ω・`)

なのでちょっと頑張って撮影。

こちらも長辺2560pxの画像をアップしておきます。
引きで撮ってるので、拡大しても分かり難いけど・・・
講師の中尾先生がアポズミ75mmで普通に撮ったら目元のシワどころかカラコンのプリントパターンなんかもクッキリ出るくらいで、ズミルックスの50/1.4に比べてAF速度も速いし、解像度も凄くて本当に当たりなのでオススメって言われてました。
モデル撮影会とか頻繁に行くようになって人物撮影を主体にするならS1にアポズミ75mmでもいいのかもしれないけど、今の撮影スタイルだと確実に宝の持ち腐れだよなぁ・・・

最近本当に鬱々としててやる気スイッチが入らないことも多くて、撮影会も楽しみよりも不安が8割な感じで行ったんですけど、本当に楽しくて、2時間ほどの間に300枚くらい撮ってました。
AFも連写もない(連写はあるけど)のにこれだけの枚数を短時間で撮ったのは初めてだったかもしれません。

とりあえず、精神的に安定するまでは暫く撮影会とかの申し込みは控えて気が向いた時に撮る感じにしようかなと思います。
お金払って行けないとか普通にありそうやしね(´・ω・`)