iPadのスマートカバーを修理する

iPad 6thを買ってもう2年近くが経とうとしています。
毎日毎日使っているので、一緒に購入したスマートカバーがもうボロボロになってます。

本体と接続する基部からカバーが剥げてきていました。

別に使ってるスマートカバーに愛着があるわけでもないけど、くっつけばまだまだ使えると思ったらちょっと修理をしてみたくなりました。

手持ちのもので強力そうな接着剤といえばセメダインのG17・・・でしたが、全くくっつかず。
瞬間接着剤だと一見くっついたように見えても、スタンドさせるとすぐに剥がれる始末。
騙し騙し使ってましたが半分以上が剥がれてしまい、流石に限界。

・・・いや、そもそも素材的に接着剤が付かないんじゃないの?と気付いて調べてみたら、それっぽい接着剤があったので通販で購入しました。

それがセメダインのPPX

ポリ素材やシリコンなど、通常の接着剤ではくっつかないものでも、セットのプライマーを先に塗布する事でくっつける事ができるとの事。

プライマーが直ぐに乾くので、今回のようにちょっと長い範囲をやる時はプライマー→接着剤を塗って固定という作業をちょっとずつ繰り返し行いました。

剥がれたまま使っていた事で捩れが生じて素材が伸びてしまい、綺麗には戻りませんでしたが全部貼りつきました。
実用強度になるまで30分は掛かるということで、暫く放置した後、スマートカバーをスタンドにして立ててみましたが、瞬間接着剤だけの時と違って剥がれる事もなく使用する事が出来ました(^_^)

これでまた暫くは普通に使えますね。


iPadiPad

Posted by mizuki