LUMIX G100に変えました

Twitterでは書きましたがLUMIX G100のトライポッドグリップセットを買いました。

そもそもGF9でも大きな不満点は無かったし、V-Log向けを押し出しているG100には全く興味もありませんでした。
でも本体サイズを見てみたら意外と小さくね?って・・・

GF9が 幅 約106.5mm x 高さ 約64.6mm x 奥行 約33.3mmの約269g
G100が幅 約115.6mm x 高さ 約82.5mm x 奥行 約54.2mmの約345g

一回り大きい程度。
それで1600万から2030万画素になって手ブレ補正が付いてEVFも付く。

とはいえ、V-Log向けって売り方なので写真向きじゃないと思ってませんか?

ちゃんと調べるまでは自分もそう思ってました。

調べると静止画でも上位機種と遜色ない機能を持っているのを知り、凄く気になりました。

でも、10万ものお金を出せるような余裕は全くないので無理だよなぁって思いながらいつも行く梅田のカメラ屋へ。
GF9と最近は全く使ってないGRIIIを下取りに出したら幾ら位かをアバウトで聞いたら何とかなりそうな差額に(;´Д`)

実際に触ってみるとGF9よりも各動作やレスポンスが速くてAFも高速。EVFもまぁ問題ない感じ。

あー・・・こりゃいいわって思いながら帰宅して翌日。
GF9とGRIII本体やワイコンとか諸々を手放して、差額の諭吉さん1枚で購入する事になりました。

コンパクトでフィルムカメラのようなスタイルが可愛らしい。


液晶はフリーアングルなので、GF9のようにローアングルや自撮りモードも撮れるし、GF9では出来なかったハイアングルも撮りやすくなってます。

本体背面ボタン類はGF9と変わらないんですが、本体上部は大きく変わってます。

GF9では電源スイッチ、モードダイヤル共に軽くて鞄の中で摺れて電源がONになったりモードが変わったりしてましたが、G100ではそんな心配はありません。
大きなモードダイヤルは簡単に回る事は無くて電源スイッチもレバー式なので鞄の中で簡単にONになる事もありません。
GF9では背面ダイヤルで行っていた操作もフロントダイヤルで行えるので、凄く直感的に操作できるようになりました。

EVFを覗きながらAFポイントを選べるタッチパッドAFにも対応してるので、本当に上位機種と変わらない操作性です。

画像表示中にFn1ボタンを押すとWi-Fiが起動できるのもGF9と一緒。これが何気に便利だったんですよね。
因みにGF9では再生ボタンを押しても画像が再生されるまで1.5秒ぐらいラグがあったんですが、G100ではそれが無いので本当に快適。


EVFは368万ドット、視野率は35mm換算で0.73倍の約100%
iPhoneのカメラ直付けして撮ったのでかなり歪んで見えますが、実際にはそんなに気になりません。
(まぁ眼鏡掛けてるのもあるかもしれませんが)


トライポッドグリップを取り付けるとこんな感じ。
動画がどうとかもあるけど、意外と静止画で使うと手ブレし難いってメリットもあります。


ムービー録画ボタン(赤)と静止画用のシャッターボタンがあります。


側面にはスリープボタン。
いちいち電源をON/OFFしなくても、これを使えばスリープ/復帰がすぐに出来るのでバッテリー節約には便利そうです。

足の方を広げるとミニ三脚になって自撮りにも便利。

自撮りで使うかは兎も角、ソフトが公開されたらWebカメラとしても使えるそうなので便利かな。

正直、GF9の1600万画素でも十分だと思ってましたが、G100で撮ると解像感が違いました。


GF9で撮ってた時よりもハンドリングがいいので撮りやすく感じます。
AFも速いしマジでいいです。

個人的に唯一の難点はUSB給電が出来ないので、ガッツリ使用するなら予備バッテリーが必要かもしれません。
モバイルバッテリーがあっても充電しかできないので、USB給電だけは出来たらよかったのになぁと思います。

動画なんて全くやらないので動画機能についてはYouTubeなんかで調べてもらう方がいいと思いますが、G100は初心者用としても十分にオススメ出来るカメラだと思います。
自分の使い方だったらそんなに連写が必要な機会も殆どないし、4Kフォトを使えばムービーから切り出せるので上位機種じゃなくてもなんとかなるんじゃないかななんて思ったりもしてます。

ま、これからガンガン使っていったら評価もまた変わってくるかもしれませんが、GF9の延長線上で考えたら全く文句のないというより、これ以上ないカメラだと思います。
エントリーモデルから上位機種に買い替えを考えている方は一考してみてもいいかもしれませんよ。